よくあるご質問

MAG-NEO®シールミキサーについて

Q1.MAG-NEOシールミキサーの意味は?

A1.弊社の撹拌機だけが「アキシャル型磁気カップリング」という磁石の組み合わせを使用しています。密閉容器に回転を伝える清潔なシール方式の撹拌機を「MAG-NEO®シールミキサー」としました。

Q2.いろいろある密閉撹拌機の中でMAG-NEOシールミキサーは何が違うのですか?
A2.密閉する方式が違います。 密閉する方式には、「メカニカルシール方式(接触面シール方式)」と「磁気カップリング方式」がありますが、弊社は、「磁気カップリング」という方式を採用しています。さらに、「磁気カップリング」には、「ラジアル型」と「アキシャル型」があります。 特に弊社の撹拌機は、磁石の組み合わせを考案して「アキシャル型磁気カップリング」を縦型撹拌機及び底面型撹拌機に採用しています。

Q3.密閉撹拌機に使用している磁気カップリングって何ですか?
A3.隔壁を介して磁気力で回転を伝える機構を「磁気カップリング」と言います。
Q4.磁気カップリングには「ラジアル型」と「アキシャル型」があるのに、MAG-NEOシールミキサーは、なぜアキシャル型の磁気カップリングを採用しているのですか?
A4.磁気カップリングの形がシンプルで洗浄性が良いことから採用しました。特に医薬系で使用する縦型撹拌機は、滅菌性、洗浄性が大切な条件です。「ラジアル型磁気カップリング方式」は洗浄(CIP)が出来ない構造の為、「アキシャル型」を採用しています。また、通常の「アキシャル型磁気カップリング」は磁気同士の引き合う力が強いため、磁気結合を少し変えてスムーズに回転できるように独自に開発をしました。
Q5.密閉式の撹拌機を検討しています。「メカニカルシール方式」と「磁気カップリング方式」があると聞いていますが、どちらを採用したらよいですか?
A5.難しい質問ですが、撹拌目的がはっきりしていれば選択しやすいご質問です。両者に三つの大きな相違があり各々比較してみますと以下のようになります。
① 軸の構造:前者はモータ軸と撹拌軸が一体化されているので、容器に貫通穴があります。
  後者は磁気カップリングを介して一体化されていますので、貫通穴はありません。
② 密封方式:前者は接触式に対し、後者は非接触式です。
③ 組立精度:前者は精密な組立技術が必要なのに対し、後者は精密な組立技術は不要です。
Q6.サニタリー性の高い撹拌機はありますか?
A6.弊社の撹拌機については、底面型よりも縦型の方が軸受部(摺動部)は接液部にないためサニタリー性が向上します。
このご質問は、医薬系、ファインケミカル系、半導体系の撹拌で差異があります。
①医薬系については、GMPに対応した操作性、密閉性、洗浄性、滅菌性、異物除去機能、電解研磨表面、耐食性等が配慮された撹拌機を採用して下さい。
②半導体系については、密閉性、洗浄性、異物除去機能、電解研磨表面性、耐食性等の配慮が必要かと思います。
MAG-NEOシールミキサーは、上記の諸機能が備わっています。
Q7.防爆環境、耐食性、耐圧/真空タンクの液体を撹拌できるミキサーはありますか
A7.耐圧防爆、耐食、耐圧の条件をMAG-NEOシールミキサーは特注で受けています。耐圧防爆、耐圧防爆モータ(d2G4) または、エアーモータから選択してください。
耐圧:内圧をご指定下さい。 耐食:耐食材料(ハステロイ、PFAコートなど)から選択してください。
Q8.マグネチックスターラーの大型機種がありますか?
A8.マグネチックスターラーは小型であるから使えますが、大型になるといろいろな問題が 生じるため、RBh型を開発しました。 水相当で20Lから250L用を用意しています。撹拌翼部、軸受部、固定台、駆動部の 構成になっています。材質的には、PTFE製、SUS製があります。